ピーチを利用した国内旅行

台風での欠航のハプニング

ここ最近になって利用していて気付いたことは、機材が大幅に遅れた時であっても到着時には離陸時よりも遅れ幅が短くなっていて、時には2、3分ほどの差になっていることもありました。
関西空港においてピーチは第二ターミナルに集中して離着陸しています。
このことから関西空港で利用する時は国際便の乗り場か国内線の乗り場かのみ確認できていたのであれば、検査場や搭乗口を探し回ったりする必要がないため、一度飛行場までの行き方を把握することで他の空港よりスムーズに行動することが出来るようになります。
すると、国内旅行中の時間をぎりぎりまで延長させることが出来るようになっていき、最大限に時間を利用できます。
経験はまだまだあります。
次に昨年のことで述べると、ハプニング起こりました。
帰りの便の時に台風と被ってしまったのです。
この日は日付が変わった時に登録しているメールアドレスに会社の方から欠航の連絡通知が入りました。
この時はまだ明日になったら台風が過ぎて運行になるかもしれないという思いのもと寝床についていましたが、やはり欠航のまま翌日を迎えました。
慌てて会社に連絡すると、警報による欠航の時は無料で便の振り替えをしてもらえるとのことで振り替えをお願いさせていただきました。
振り替え便は空席があれば対応してもらうことが出来ました。
電話対応の情報によると取っていただけるのは翌日の便からと対応がとても速かったです。
次に最近の経験を話していきます。
最近は往復の両便ともほとんど時間通りで運行されているように感じます。
遅くなったとしても5分以内であることが多く、着陸後の時間の変動を確認できないことがほとんどになっています。
これは運営における形態が整ってきていたり規模が拡大してきていることが原因ではないのかなという会話を内内でしていました。
このように以前は時間がシビアな場合の国内旅行では利用しづらかったピーチではありますが、最近ではある程度シビアな時間の組み方をしていてもうまく利用できるようになってきているように感じます。

運が悪い遅延のハプニング / 台風での欠航のハプニング

ピーチ / フライト検索|Peach